たった1ヵ月でタイピングを習得する方法




今やPCの操作は当たり前!仕事、趣味いろんな場所で使いますよね

けど、キーボードをみながらキーを打つの時間がかかるし、英数字のまま打ち込んでて、パッと画面見たら全部ローマ字。。。。

タイピングできたら生産性も向上するのに!と思ったあなた!タイピングを習得するのは継続できれば簡単です!

要は補助輪なしで自転車に乗る練習のようなもの、タイピングを習得できれば手元を見ずに無意識に文字を自由に打つことが出来ます!

 

無料で習得できる!ブラインドタッチ練習法

一昔前はタイピングを習得していれば、それなりに重宝されていたスキルでしたが、今はPCの普及と共にできる人も増えて珍しいスキルではなくなりました。

しかし!どこかで教えてくれるわけでもなく、自然に習得できるわけでもない。独学でタイピングサイトやソフトで学んでも挫折した人も多いのではないでしょうか!?

そこで、だまコロでも、たった1ヶ月でブラインドタッチを習得できた方法を、紹介したいと思います。ブラインドタッチを覚えればPC作業は格段にはかどりますよ!

まずはホームポジションを覚えよう!

ホームポジションとは、キーボード入力を最も効率的に行うことができるとされる指の基本的配置のことである。キーと指の対応を常に一致させておくことで、キー操作を確実に素早く行うことができる。そのために、それぞれの指に対して望ましいとされる位置がホームポジションとして定められている。  ーIT用語辞典BINARY

まずは基本の型、ホームポジションを覚えましょう。ホームポジションを覚えるのに最適なソフトがOzawa-Kenというフリーソフト。

Ozawa-KenにKAWARAというキーの配置を覚えることができるモードがあるので、KAWARAモードでどの指でどのキーを押せばよいか覚えましょう!

ここが1番の山場で、挫折する人が多いところです!ここを乗り越えれば、あとは下り坂。

最初から山場があり、きついですが毎日できる時間を設定して続けしょう!5分でも10分でもいいです。

毎日つづけることで自信がつき指が慣れてきます。遅くても良いのでキーボードを見ずに、どの指で打てばよいのかだいたい覚えたら次のステップです!

 

ひたすら寿司打で寿司を喰らう!!!!

あとはひたすら反復練習!最初は頭で考えて打つのでもどかしいですが、やっていくうちに体が覚えて無意識にブラインドタッチで打てるようになります。

使うツールは寿司打

まずは初級から始めましょう。ローマ字表記で何を打てばいいか分かりやすいです。

 

毎日10分続けよう!期間は約1ヶ月

1日どれくらい練習するかは人それぞれですが、毎日続けられる長さが理想です、だいたい10分くらいあればいいと思います。毎日続けるというのが重要!


人は継続することで、その内容が重要だと無意識の中で認識します。

2~3週間もすれば頭で考えなくても自然と指が動くようになります!この感覚は最高に気持ちいいですよ!

まとめ

無料のツールを使って、ホームポジションを覚え、毎日タイピングの練習をすることで無意識にタイピングができるようになります!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA