ショーシャンクの空にを観て




どうも!だまコロです!

いやぁ、久々に名作の映画を見てしまいましたわ、これは是非みんなに知ってもらいたい、え?タイトル?ショーシャンクの空にっていうんだけども、、、、ああ、知ってるか、まあ名作中の名作だしね、今更か、けどこの気持ちを共有したいんだよ!!

まあ、名作ですわ。アカデミー賞とっちゃてるからね。間違いない名作ですわ!刑務所内で繰り広げられるヒューマンドラマですわ!いやー感想書いてて自分のボキャブラリーのなさにびっくりなんですけど(;^ω^)正直、ネタバレせずに魅力を伝えるの難しいからこれから先がっつり内容に触れてくね!

右が主人公、左が友人のレッド

引き込まれる演出

映画の一番最初のシーンでモーガン・フリーマン演じるレッドという受刑者が、受刑者を仮釈放するか否かを問う面接のシーンが来るんですよ、最初はほーんって感じで見てて大して印象にないんだけど、このシーンが後にボディブローのように徐々に効いてくるんですわ、もうこの演出やべー、監督やべーこいう映像の効果は映画ならではなので、ぜひ直接見てほしい!小説では表現できない映画ならではの演出に痺れた!

仮釈放という罰

仮釈放されて街へ向かうブルック

出てくる受刑者はほとんどが終身刑などの刑期の長く、何十年と外の社会から断絶された塀の中で人生を送るんだけど、自分の居場所は狭い塀の中だけになり広い社会に居場所が、長く刑務所にいるほどなくなっていくんだよね。一人の高齢の受刑者ブルックが仮釈放で40年ぶりに社会に戻るんだけど、居場所もなく、家族もなく、財産もない。そして、孤独を抱えたまま自殺する。今の自殺問題も結局は自分の居場所がないことが原因じゃないかと考えさせられたねぇ。1994年に公開された映画だけど人は社会に居場所を求めるのは今も昔も変わらないんだなぁ

どんな状況でも人との繋がりが希望になる

そして、主人公の親友であるレッドが30年ぶりに仮釈放されます。

ブルックと同じく社会の中で孤独を感じ、やりきれない感情を抱えますが刑務所で主人公とした約束を思い出し、ある場所へ向かいます。そして衝撃のラストが!これは是非、映画を直接見てほしい!終盤からラストまでの流れで一気に痺れます!映画の醍醐味を味わえること間違いなし!

 

このショーシャンクの空にアマゾンプライム会員になれば無料で視聴できます!他にも無料で見放題の映画やドラマがあるのでチェックしてみてくださいね!
そんじゃ!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA