社会人サークルに入ったらアムウェイ勧誘用サークルだった話




ネットワークビジネスって知ってます?別名マルチレベルマーケティング(以下MLM)。ネットで調べれば結構情報がありますよね!

だまコロも大学生時代それっぽい人に勧誘かけられて、「いやいや、俺はそんなのには引っかからんよ!」と思っていたのですが、社会人になってガッツリ引っかかったお話です。

周りの人に聞いたら結構、ネットワークビジネスのトラブルって誰もが一回は経験してるんだね!

街中で勧誘を受ける

街中で女性に声をかけられたのがきっかけです。ん!?キャッチか!?と警戒したのですが(ガールズバーでプチぼったくられた話)どうやら違うらしく、サークルの勧誘でした。

女性
お兄さん、ちょっとええ?
だまコロ
なんですか!?ガールズバーは行きませんよ!!!
女性
え?キャッチじゃないよー。お兄さん社会人サークル興味ない?月一でイベントしてるんやけど
だまコロ
社会人サークル?ほほう、ちょっと興味あるかも (友達いないし)

と、知らないお姉さんにホイホイついていき、カフェでそのサークルがどんなことをしているのか説明を受ける。

活動内容ははイベントをそのサークル内で催して楽しむというもの。

イベントの内容はテレビでやっている企画をマネしてみんなでやってみよう!という感じ、逃走中や格付けチェックなど。

他にもサークルを立ち上げた代表がオフィスビルの一室を借りて、そこで金土曜日とかはBarとして解放し、お酒を飲みながら談笑するスペースにしたり、山の一角を買って、そこにオリジナルのバーベキュー場を作るためにサークルのメンバーで山を開拓したりと色々やっているとのこと。

面白そう!と思い来週、そのオフィスで代表から詳しい説明を受けることに

だまコロ
ワクワクだぜ!

サークルの代表とお話

そしてオフィスで代表の人と話すことに、なんかイケメンでできる人オーラが出ている。。。。

B男
よろしく!話はA子から聞いてるよ! 僕がこのサークルの代表のB男だよ!
(A子は誘ってきた女性)

そして、そのB男の自己紹介が始まる。両親、親戚ともども公務員家系で自分も将来公務員になるものだと小さい頃から思っていたが、父親が大学在学中に亡くなり、人はいつ亡くなるかわからない、自分のやりたいことを生きているうちにしたいという思いが強くなる。

就職先は公務員ではなく飲食業界へ。理由は「人を幸せにするには?」と考えた時に飲食は多くの人の中で身近で、食は人を幸せにする一端だと思ったから。

そこで猛烈に働き数年でエリアマネージャーになる。しかし、飲食は業界自体がブラックで1日18時間労働、休みなしの日が続き、売り上げ不振でつぶれる店も多数。

こんな不安定な働き方は長くはできないと、結婚を機に転職して営業マンに。

しかし、会社に時間を縛られ、使えるお金を決められてと自分の人生を生きてないと感じる。自分の生活に疑問持ち、悶々とした日が続く。

休みの日に高級住宅街を歩いていると、ふと自分とこの家に住んでいる人の差は何なんだろうと感じ、その見知らぬ裕福そうな家にピンポンを押し「どうしたら豊かになれるんですか?」と聞いて回る。

B男
そこで、裕福な人の教えを吸収することで、今、僕は自分の起きる時間を自分で決めれるし、お金のことを心配することもない。自由を手に入れたのさ
だまコロ
おお!かっこいいですね!(自営業で成功した人かな?)
B男
まっ、そんなわけでこのサークルは僕の趣味だね。”やりたいことを形にしよう!”ってのがコンセプトさ。あ、ルールとして連絡先は交換禁止ね恋愛とかお金の貸し借りとかで一度、メンバー同士でトラブルがあったからその防止のためね。イベントの連絡とかは連絡網方式でA子とやり取りしてね
だまコロ
あ、はい!わかりました!
B男
それとネットワークビジネスや宗教の勧誘も禁止ね。因みにネットワークビジネスやってる?
だまコロ
いえ、やってないです!
B男
そう、 ならオッケー。楽しんで

セミナー??ほほう、勉強になるなぁ!

ということでひょんなとこから社会人サークルに入っただまコロ。

社会人サークルのイベントに初参加、参加費は1500円。時期は1月中旬頃、新年会イベントとということで書初めをしたり、格付けチェックゲームをしたり、お酒を飲みながお餅食べたりとみんなでワイワイしながら楽しむ懇親会のようなイベントでした。

場所は代表が契約しているオフィスで、人数は約50人ほど。他にも魚市場に車でみんなで行ってマグロの解体ショーを見た後、海鮮物を食べたりなど様々な催し物がありました。

イベントの参加方法はA子がその月のイベント予定を送ってくるので参加したいものに連絡するという方法。その中に”セミナー”というものがありました。

だまコロ
この”セミナー”ってなに?
A子
これは立ち上げた人達が、このサークルをやっていて「やりたいことは何?」と聞いてもやりたいことが無い、または見つからないという人が多いということに気付いて、どうすればやりたいことが見つかるのか、ヒントを教える”セミナー”やねん
サークルを立ち上げたメンバーは代表を含めて3人おり、その3人がそれぞれ過去・現在・未来の3つの時間軸でセミナーを行うというもの。
だまコロ
ほほう、どんなものか気になる。参加してみるわー
と軽い気持ちで参加することに。

場所はいつものオフィス。前にホワイトボードが置いてあり、椅子が並べられている、教室方式。

参加者は15人ほどで隣にA子が座る。他の参加者も誘った人と、誘われた人が二人一組のペアになって座っている様子。

A子
あっ、参加費500円な。
だまコロ
えっ、おっけ 
と参加費を事後申告だったのが気になりつつセミナーを受ける。

最初に参加したのは代表と10年来の付き合いのあるC男。B男と一緒の飲食店で働いてたらしい。内容事体は面白く、目標設定やその目標を達成するための計画方法についての内容など。

要約すると

・自分がどういう方向に向かっているか理解する。
・自分の評価は周りの影響を受ける(周囲が東大卒の時と、パリピの時では自己評価は変わる)
・自分のやりたいことの奥に願望がある(ヒーローになりたい:強い人、正義の味方)
・自分の考えを発信すること ・1つのことにこだわってやる時代じゃない 隣の人と一緒にやるワークもあり、ずっと受け身で聞いているわけでもなく参加できて楽しかったので他のセミナーにも参加することに。

次はD子という女性で元リクルートの人。元リクルートという肩書でなんか優秀そうな印象。この回は、人の脳や精神に関する内容でざっくり言うと”環境が人を作る”とのこと。

要約すると
・全ての出来事は半分いい面があり、半分悪い面がある。どうせならいい面を意識しよう。
・付き合う人で自分の常識が形づくられる。付き合う人は自分の目指している方向のほうが良い。
・脳は主語を理解できないから、人を褒めると自分が褒められていると勘違いしていい気分になる。逆に悪口を言うと自分に向けられたものだと認識する。
・自分の常識という枠は小さい。自分の常識の枠を広げるために色々な人、事に出会おう。
・成功者がやっている自分らしくないことをすることで常識の枠を広げる。 という内容。

最後に代表がやっているセミナーに参加。なぜか代表だけ参加費が1000円。オフィスの賃貸料は代表が払っているからその関係かな?とさほど気にせずにそのまま流す。

内容は日本の現状に関すること。日本の借金やばいですよー。お金は増やせるけど、時間は増やせない。だから時間をいかに確保するのかが大事ですよー。”仕事”は仕える事だから他人の人生を生きている。”志事”をして自分の人生を生きよう。

という 「ちょっwwww意識高い系ww!お疲れ様っす!!ww」 という感じ。けど意識高い系大好きなだまコロは

だまコロ
うおーーーーー!スゲーいい内容!勉強になるなぁ!!この人たちについていったら俺も成功者になれるんじゃね!?
とすっかり感化されて。

それぞれのセミナーに計2回参加しましたとさ。1回のセミナーは2時間程度、開催頻度はそれぞれセミナーが月2回で、1か月間でだまコロはセミナーに合計6回参加しましたね。

そして、ついに明かされる。。。衝撃の真実!

サークルに入って1か月。そこそこ知っている人も増えて、自分の顔と名前も知られるようになる。そのとき転職しようと思っていて、その話をA子にすると

A子
そんならB男さんに相談してみたら!B男さん転職相談を受けたりしてるし、私たちより高い視点でアドバイスくれるかも!ついでにB男さんが普段何してるかを聞いてみたら何か参考になるかもよ!
そう、代表のB男は転職相談を受けたりコンサルもしているらしい。そしてセミナーなどで
B男
俺は今は自分が働かなくてもいいようになった! 
と言っていたが、具体的に何をしているとは言っておらず気にはなっていたので、そのことについて聞くことになった。そしてA子経由でB男にお願いし、A子と一緒にB男宅で相談をすることに。

サークルの代表(B男)宅にて

だまコロ
よろしくお願いします!
A子
よろしくお願いしまーす
B男
おう!まあ、セミナーでも言ってるけど~
と、A子は横に座り対面にB男とホワイトボード。ホワイトボードを使いながらセミナーで言ってることを通して、働くことについて持論を語るB男。なんだか抽象的な話なので結局何をしてるんですか?と率直に聞いてみると
B男
俺が何をしているか、、、、教えてもいいけどホントに知りたい?多分俺の説明だけじゃわからない物もあると思うから 自分で勉強することを約束してほしいんだよね
となぜか教えるのを勿体ぶるB男。
だまコロ
はい!知りたいです!お願いします!
B男
まぁ、ビジネスで大事なのは需要と供給だよね?で、一番需要が不変なものの一つが日用品。俺も最初、自分の師匠に出会ってこれを教えてもらっても、あんまりやる気が起きなかったけど、1年まずは頑張ったら結果が出て。今もうそれに出会って約10年たつけど今じゃ働かなくていいようになってるんだよね。でそれが何かというと、聞いたことあるかな~
と、ホワイトボードに文字を書き始める。。。。。。 Amway
だまコロ
( ん?なんか聞いたことがある )
だまコロ
(そうだ!確かネットワークビジネスの!)
だまコロ
(あんた、最初にネットワークビジネスやってないよね?って聞いといて代表自身がネットワークビジネスやってるんかーーい!! )

と平静を装いつつも、頭の中はパニック

B男
まあ、Amwayってネットで色々書かれているけど実際に何しているかは聞いたことないよね? 
だまコロ
まあ、正確には何しているかは知らないですけど。。。 

そこから、怒涛のAmwayがいかに素晴らしいかの説明。Amwayでどう自分が変わったか。

Amway製品の品質の良さ(YouTubeなどでも見れるデモンストレーション)Amwayはねずみ講ではなく、頑張った分だけ報酬がもらえる平等な素晴らしいビジネスモデル。

Amwayは創業60年を超える無借金経営の安定した会社。などなど、そして代表のB男はダイヤモンドDDというなんかすごいAmwayのすごいランクの人らしい。

そして立ち上げメンバーのC男とD子もAmwayをやってて、ランクはB男の一個下。隣に座っているA子ももちろんAmwayの会員。

社会人サークルの主要メンバーはみーんなAmwayの会員みたい。

だまコロ
みんなやってるし、ホ、ホントはいい会社なのかな?Amwayって
となりその日は帰ることに。

一人で悶々とする

話をB男から聞いた直後はAmwayは別に悪いものでもないし、ビジネスの一つの形だという認識だったが、なぜ世間でのイメージがあんなにも悪いのかわからなかったので、

自分でネットで調べることにすると、結構Amwayについて書いている記事があり
【アムウェイの真実】まだ権利収入と思ってる?楽にならない仕組み  


アムウェイ商品は価格に見合う品質なのか?一般商品と比較してみた

などを読んでいると。。。。。。。。。。。 うーーーーーーーーーん。なんかそんなにいいもんじゃないなぁ と、悩んでいるところにA子からラインが来る

A子
なぁなぁ、今度Amwayのミーティングがあるねんけど、こおへん?Amwayのことまだわかってないだろうし、来たほうがええと思うんやけど。その日はB男さんのお師匠さんが講演するねん 
だまコロ
へ、へぇーそうなんだ。じゃあ行ってみようかな
とAmwayのことをカミングアウトした後は、AmwayのDVD鑑賞会や、Amwayの製品を使った料理実演などなど、Amway関連の行事に頻繁に誘われるようになる。

サークル活動のイベントが月1、2回だったのもこのメインであるAmwayの活動をするためだったのかと気づき、なんだかゲンナリしつつミーティングに行くとこに。

ミーティングなるものに参加

アムウェイの会場

そして、Amwayプラザというビルでミーティングという勉強会があるので参加することに。

その日はB男の師匠が登壇して話す貴重な会とのこと。ビルの1階はAmwayの商品が売られており、2階以上は講演ができるスペース。

その日は平日の夜だというのに会場いっぱいに人がおり、席は満席。前のスペースに座り込む人までおり会場はぎっちぎち。

そんなに人気があるなんて、、、、、そして周りの人を見ると社会人サークルの人もチラホラ「だまコロじゃーん!」と気軽に話しかけてくるが

だまコロ
え!?あの人も!?この人もAmwayなの!?
と軽くパニック状態になり。放心しているところで講演が始まる。
B男師匠
はい!皆さんこんばんは!
B男師匠
もうね、Amwayの話を聞いて可能性を感じない人は何やってもダメ!!
B男師匠
Amwayをやって成功者の仲間入りをしましょう! 
B男師匠
Amway最高!!
となんか胡散臭い人が前に立ち演説しAmwayの話を中心に経済の話や今起こっていること等を話す。]

それを聞いている人は必死にメモを取っておりなんだか異様な雰囲気。。。。。。。例えるなら宗教的な。。

そして、拝金主義的な思想。お金が必要なのはわかるけど、お金は手段であって目的ではないというポジションのだまコロはちょっと受け入れられず。

2時間弱の講演の内容を要約すると Amwayは素晴らしい会社で素晴らしい製品を日々開発し、全ての問題や悩みはAmwayで解決できる!

と結論がAmwayに帰結するというのが異様でしたね。その後も様々な勧誘目的の行事に誘われ、Amwayしか見えないように誘導しているのに嫌気がさし、

その1か月後、A子とも連絡を絶ちました。せっかくサークルの人達とも仲良くなったのにショックでしたねー

まとめ

ビジネスの形は多種多様で人それぞれだけど、ネットワークビジネスのメリット、デメリットを考えると自分にはどーーしても合わないし、

Amwayをやっている人と関りをもつならAmwayをやらないと仲良くはなれないんだろうなーと感じましたね。

ネットワークビジネスの形態だと一部の優秀な人間しか稼げない仕組みなので、まだ、情報商材売ったほうが儲かるんじゃないか?

インターネットがない時代だったら強力な集客コミュニティだったんでしょうがインターネットの登場と普及でネットワークビジネスはそんなに伸びないでしょうね。   そんじゃ!

スポンサードリンク