未来へ先回りする思考法、図解解説




どうも!だまコロです!今回は未来に先回りする思考法を読んで感動したので理解を深めるために、図解でまとめてみました!!

まとめ

最後の章で、深く共感した文があります。

もし、もっと早く封建社会が終わり、民主主義が浸透していれば、より多くの人が自分の人生を自由に選択できたでしょう。もっと早く天然痘のワクチンが発見されていれば、何千万人という人がもっと長生きできたはずです。もしもっと早くに実現できていれば、生まれなかった不幸はたくさんあります。現代の社会も、まだ課題は山積みです。もし「貨幣」から人間が解放されたら、もっと多くの人が不幸から救われるかもしれません。人間が「労働」から解放されたら、家族と過ごす時間も増やせるかもしれません。

私たちにできることは、顕在化している課題をできるだけ早く解決する方法をみつけ、ひとつでも多くの不幸をなくすことぐらいでしょう。いつか誰かが実現する未来だったとしても、その到来を早めることは、多くの人にとって価値のあることです。

 

Twitterをフォローして頂き、DMを送って貰えれば、図解まとめのPDFをプレゼントします!!

 

そんじゃ!

 

スポンサードリンク