セブ島の夜遊び事情。※良い子は見ちゃダメだヨ!




飲む・打つ・買う という日本語がありますよね。意味は

のむうつかう
【飲む打つ買う】大酒を飲み、博打ばくちを打ち、女郎を買う。男の悪行の代表的なもの。
「 -の三拍子」  大辞林 第三版より

うん、だいぶ良くない意味。けどね、男はいつだってこの欲望に誘惑される馬鹿な生き物なんですよ。悲しい生き物なんすよ。こういう遊びは短絡的で簡単に楽しい気持ちになりますからねぇー

そして、海外という普段とは違う環境。

だまコロ
 まあ、根がビビりだから そこまで羽目は外さなかったけどな

セブは物価が安い、もちろんお酒も

San Miguel Corporation

とにかく酒好きは、美味しくて、すぐ酔えて、たくさん飲めることがいいですよね。

セブ島で有名なビールメーカーにサンミゲルという会社があるのですが そのお酒を、よく買って飲んでました。

アルコール度数は5%~7%。値段は30~40ペソ。

日本円で60~80円程 たくさんの果実系の甘い味、上品な苦みがするもの、黒ビールなどたくさんの種類のビールを販売しているのでビール好きの方は飲み比べるのも楽しいかもしれませんね!

だまコロ
旅行目的なら一日中飲んでてもいいけど、留学してて勉強目的ならほどほどに!

カジノでギャンブル!そう!人生とはギャンブルだ!

 

日本では基本的に賭博は禁止されていますが、セブではカジノができます! ポーカー、ルーレット、ブラックジャック、ジャックポット等々、現金をチップに交換して賭けます ちなみに、カジノ内では写真撮影が禁止されました。

なので残念ながら写真はありません ビビりのだまコロは、5000円分のチップ、10枚を握りしめてカジノっぽいルーレットを戦場に選びました!!

だまコロ
ルールもわかりやすいし、赤か黒かに賭ければええんやろ!?大丈夫、俺ならできる!勝ったお金であんなことや、こんなことするんだ。。。。ムフフ

聡明なの紳士淑女の皆さんはどうゆう結果になったかわかる思うのですが、

結果は 圧倒的 敗北!!!!

なんの戦略、戦術もなしに勝負に挑めば負けるのは必然。いわば、ネギをしょって味噌を抱いて鍋で寝ているカモ。

10回かけて全て負けるってなんなの。。。。。10分とカジノしてなかった。。。。カジノ嫌い

ただ、あのカジノの雰囲気は日本ではなかなかお目にかかれないので賭けないとしても一度は訪れてみてはいかかでしょうか?

カモのだまコロ
カジノはダメだったけど、仮想通貨なら勝てる!!

大人の遊び場、マンゴースクエア

 

セブの週末の夜に遊ぶならマンゴースクエアというほど、現地では有名です。

行き先を伝えても全く違う場所に着くことがざらな、セブのタクシー運転手。

しかし、行き先を「マンゴー」と伝えれば99%間違えることはありません。 クラブがいくつかあり、その周辺で売春婦が客引きをしています。

酒を飲み、踊り、口説き口説かれ。 そんな光景は場所、時代問わずどこでも見ますが日本とセブで違う点が1つあります。

そう、レディボーイという存在

セブで知り合った人の話ですが。口説いて、いい雰囲気になっていざ、勝負!!!となった時に自分よりも立派なものが付いてたそうです。

そんなハプニングもある可能性があるマンゴースクエア。

カモと言わんばかりに色んな「女性の格好をした人」が寄ってきます。

すごい、これがセブの女性か!積極的だなぁ!、、、、、、あれ?なんか、 肩幅ガッチリしてない?手が大きくない?、ちょっと声が低いような?気のせいか?

いや。気のせいではない。

レディーボーイだ

中には生まれた時から心も体も女性の人いるが 工事済みの方もチラホラ。。。。

代わる代わる、「女性」に話しかけられ

「2人でどこか行きましょうと誘われる」

(本当に女性なのか?いや、心が女性なら、女性ではないのか?けど、俺はおっぱいが好きなんだ!いや、でもみんなおっぱいあるし、そもそも女性ってどうやって決めるんだ?XX染色体かXY染色体で決めるのか?)

と考えすぎて分け分けらなくなり。そのまま朝を迎えました。。。。。。

だまコロ
自分の常識なんて狭いものだなと思い知らされました。

まとめ

勉強にはメリハリが大事です。

それにせっかく海外に来たのなら、そこでしか体験できないことをするのも教養としてとても大事だと思います 物価も安く、手軽に遊べて、陽気な雰囲気のなかで羽目も外しやすいのですが、危険な地域もあるのでほどほどにしましょう!

特に夜のスラム街ではスリや強盗などの危険性も十分あります。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA