【解説】負けない投資信託!インデックスファンドとは?




「先行きが不透明な今、貯金しても金利は低いのであまり、意味はありません。お金に働いてもらいましょう!」

って、どこかで聞いたことがありませんか?

銀行とかに行くと、NISA口座を開設するために窓口で営業をしてきたり

そのながれで投資信託をすすめてきたりしますよね。

貯金するより資産運用を勧めてくる世の中で、いったいどのように資産運用をすればいいかってシロウトには

なかなか判断しづらいですよね。

やっぱり株?それとも、いま話題の仮想通貨?それとも不動産?

個人の状況によってどの商品に投資するのがベストかは変わりますが

資産運用について勉強した結果インデックスファンドで資産運用するのが最も効率的だという結論になりました!

参考にした本はこちら↓

インデックスファンドとアクティブファンド

投資信託には大きく分けて2つあります。インデックスファンドとアクティブファンドです。

アクティブファンドの目的は指数よりも上回る利益を目標にするものです。

インデックスファンドは指数と同じ動きをするように設計されたものです。

指数というのは、株式市場の平均値と認識しておいてください。

日本国内だと日経平均株価とTOPIX。

アメリカはダウ工業株30種平均です。

指数には様々なものがあるので、指数に合わせて同じ値動きをするインデックスファンドにも様々なものがあります。

インデックスファンドといっても種類は様々

インデックスファンドといっても地域や投信テーマを絞った様々な指数があります。

そして、指数に含まれる国、地域、企業などは定期的に入れ替わります。

投資対象 おもな指数
日本株式 TOPIX(東証株価指数)
日本債券
先進国株式 MSCIコクサイ・インデックス
新興国株式 MSCIエマージング・マーケット・インデックス
先進国債券 シティ世界国債インデックス

どのインデックスファンドを選べばいいのか?

見るべきポイントは3つです。

  1. 手数料が安いか
  2. 純資産総額が順調に増えているか
  3. 目標とする指数の動きと同じように動くか

そしてインデックスファンドにも当然、リスクがあります。

なので、自分のリスク許容度を考えてインデックスファンドのポートフォリオを考えないといけません。

例えば

リスク上等!という人は。。。

  • 日本株式  35%
  • 先進国株式 35%
  • 先進国債券 15%
  • 日本債券  15%

というポートフォリオで投資信託を買う

そんなにリスクは取りなくないなぁという人は。。。。。

  • 日本株式  15%
  • 先進国株式 15%
  • 先進国債券 35%
  • 日本債券  35%

という風にしてみましょう!

会社より国のほうがなくなる(倒産)するリスクが低いのでこのようなポートフォリオになります。

インデックスファンドは経済学的に正しい投資法

アクティブファンドのほうがインデックスファンドと比べて、

指数より上を目指してるから勝てるんじゃないか、と思いませんか?

実は逆で、短期的にはアクティブファンドも勝てるときはあるのですが

長期的には負けてしまうのです。その理由は運用手数料というのもありますが、

インデックスファンドが最も効率的な資産運用方法である理由は

多くの世界の経済学者達がインデックスファンドが最も経済的に正しい投資法だ。

というお墨付きがあるからです!

これは研究によって裏付けられています。

結論から言うと世の中の効率的ポートフォリオは株式市場の縮小

ということでノーベル賞を取るような超一流の経済学者が満場一致で賛同しています。

つまり指数に沿った動きをするインデックスファンドがもっとも効率的なポートフォリオということになるのです。

この結論にいくまでの簡単な経緯は以下の通りです。

まず、マーユウィックという青年が株価とブラウン運動(確率的にどの範囲に収まるかを数学的に定義したもの)と同じではないかと考えました。

そして考えられたのがモダンポートフォリオ理論

リスクというのは予測可能性のことで、「損する可能性」であると同時に「儲かる可能性」であるという理論です。

次に、トービンの理論。

これは、個人のリスク許容度によってポートフォリオの割合を決める理論です。

年齢によりリスク許容度が変わるわけではないといっています。

そして、ウィリアムシャープが作ったCAPM(資本資産評価モデル)。

市場全体と個別株式の動きを関連付けました。

最後に、ベータ革命。

ポートフォリオのリターンは最終的にベータ(指数)の大きさで決定する。

この4つの流れの中で、インデックスファンドが最も効率的なポートフォリオという結論になったのです。

これ、資産運用会社要らないんじゃない???

まとめ

ということで、インデックスファンドについて書きました!

かんたんにまとめただけなので、不明な点がある場合は下の本を読むことをオススメします!

初心者にも資産運用について、わかりやすく書かれています!

株ってそもそもなに?債権ってなんなの?というレベルでも安心して読めますよ!

そんじゃ!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA