空の青さを知る人よ 【映画レビュー】




「空の青さを知るひとよ」公式サイト

何か、まだやれるのに。

けど現実はそうじゃない。

自分の中の理想と現実との乖離に、

モヤモヤしている。

諦めている。

絶望している。

そんなことを思っている

20代後半から30代前半の人たちに見て欲しい作品です。

 

あらすじ

ストーリーは一人の少女を中心に進んでいきます。

山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。

将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、

暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。

そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。

二人は、13年前に事故で両親を失いました。

当時高校三年生だったあかねは

同じ高校で恋人のしんのというあだ名で呼ばれていた

金室慎之介(しんのすけ)との上京を断念して、地元で就職。

それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきました。

あおいは自分を育てるために、

恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、

負い目を感じています。姉の人生から自由を奪ってしまったと…。

そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、

大物歌手・新渡戸団吉が決定。

そしてバックミュージシャンとしてあかねのかつての恋人、

金室慎之介の姿がありました。

あかねのかつての恋人であり、高校卒業後、

東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が町に帰ってくる…。

時を同じくして、あおいの前に、突然“彼”が現れた。

“彼”は、しんの。

まだあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、

13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳のしんの。

思わぬ再会をきっかけに、次第に、

しんのに恋心を抱いていくあおい。

一方、13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。

いったい、しんのはなぜ現れたのか?

そして、そのタイミングで帰ってきた慎之介

それはどんな意味を持つのか?

見所 ※ネタバレ注意

 

ここから、ネタバレ!

 

しんのは、映画では現在の慎之介の

生き霊ということになっていました。

しかし、生き霊とはまた違うある種の

「概念」なのかなという印象を受けました。

理由は、しんのが特定の人しか見えるのではなく

神社を訪れた人は全員見えるということです。

解釈の仕方はそれぞれあると思いますが

過去の慎之介は確かにいたのです。

あの日、あの場所に「青い」想いを持った

しんのは確かに存在していました。

今はそこに存在はしていないし、

本人は大人になって生きています。

ただ、今まで知らなかった世界を見てきて

自分の力ではどうにもできない壁にあたり

確かに成長しているのに、前進しているのに

自分の思い描いた通りに行かなかった、

自分の予想とは違った

努力では如何しようも無い世の中の

「構造」を理解してしまった。

成長する上でうまく力の抜き方を覚えてしまった。

それなりに頑張っているといつからか

自分で自分に言い聞かせるようになった。

まさに井の中の蛙(過去のしんの)が

大海を知った(現在の慎之介)ことで、

空の青さを見失っていたのです。

ただ、空の青さはそのままです。

井の中蛙だった時も

大海を知った後も空の青さは変わっていません。

自分の中の「青さ」を無くしてしまったのは

その存在を忘れてしまったのは

紛れもなく自分自身の選択です。

そのことに気づいた慎之介のラストと

エンドロールをお見逃しなく!!

感想

映画館で初めて涙を流した作品です。

自分の今の心境と重ねてしまって

とても共感しました。

自分が過去に持っていた「青さ」

それを思い出させてくれる作品でした。

自分の中に確かにあるはずの「青さ」

を忘れていることすら気づかないほどに、

すっかり忘れていました。

何か行動しようとする時に

行動する前に過去の失敗や

自分が傷つくのが怖いからという理由で

行動することをやめていることが普通になってしまっていました。

経験は自分を成長させてくれますが

扱い方を間違うと行動しない言い訳

を頭の中で勝手に作ってしまいます。

なので、まずは行動すること。

そして、自分の中の「青さ」

を大切にし、誰かの「青さ」も大切にしたいなぁ

と思いました。

 

そんじゃ!

「空の青さを知るひとよ」公式サイト

余談

脳みそが勝手に言い訳を考える前に5秒以内で

行動することがとても大切だと改めて思いました!

 

スポンサードリンク